« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

pedagang keliling/行商のおばさん

このブログをご覧いただいている日本の皆さんは「行商」をご存知ですか?

Wb-jepangが子供のときには、行商のおばさんが毎週家に来ていました。 ご自身の背丈よりも高く積んだお荷物を背負って、お魚を売りにきていました。 うちとご近所さんが集まって、みんなで世間話をしながら、母はお魚を買っていました。 いつしか来なくなってしまって、電車の中でも大きなお荷物背負っているおばさんを見かけなくなりました。。。 

「行商のおばさん」、ジョグジャには健在です!

インドネシア語語学学校 ウィスマバハサにも、行商のおばさんが立ち寄ってくれるのです。

中身は、、、

Photo おやつーheart04

「おやつ」 といっても、おつまみ系もあります。

春巻き、串刺しドーナツ、ゼリー、ココナツミルクのパンケーキ、ビーフン(やきそばみたいな感じ)、厚揚げ豆腐、ビフテキ(自称)(ミートローフみたいな物体でした。) キャッサバ芋の餅菓子、その他、カラフルな得体の知れない駄菓子などなど。。。

見ているだけでも、幸せぇぇぇ~heart01

Photo_2 行商のおばさんは、竹で編んだ入れ物を三段重ねしたもの+手にはお買い物かご風なバスケットをもっていました。 

さぞかし重たいだろうに。。。

ウィスマバハサスタッフ+先生+生徒さんが集まってきて、品定め。

感心なことに、1つずつビニール又はバナナの葉っぱで包んである清潔さ。 さて、何を買いましょう?!

Photo_3

生徒さんは早速実践っ! インドネシア語を行商のおばちゃんに使ってみよう。

“Bu ini isinya apa?” (ブー イニ イシニャ アパ?)

「おばちゃん、これ、中身何?」

“Oo ini isinya kacang hijau.” (オー イニ イシニャ カチャン ヒジャウ)

「あー、これ 中身は緑豆です。」 緑豆あんのドーナツだったみたいですね。。。

おやつ大好き! ウィスマバハサ・ファミリー

おやつを食べてdelicious心もハッピーhappy01

先生ぃークラスに遅れないでねぇぇぇ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pabrik karet/ゴム工場へ行こう!

すっかり社会科見学runづいている WB-Jepangです。

この度は、ゴム工場見学eyeへ。

ゴムの木がたくさんあって、木に切れ目を入れると、そこから じゅわーっっsweat02とゴムの樹液がでてきます。木の下に、受け皿を置いて、タラタラと染み出てくるゴム汁を貯めます。

おじさんたちはsun朝4時から6時までこのゴム汁集めの作業をしています。

Photo_3

この白い液が、ゴム汁

Photo_4

集めたゴム汁を運ぶおじさんたち。

天秤みたいので、えっちら、おっちら運んでいる姿はのどかです。

Photo_5 集められたゴム汁は、工場へ。

豆腐工場みたいですが、ここでゴムが作られます。

Photo_6 この古めかしい機械はなんと、オランダ時代から使われているもの。

物持ちがいいんですねぇ。 この機械でゴムをシート状にしてゆきます。

Photo_7 シート状にしたゴムをスモークします。

いうなれば、ゴムの燻製です。 このお部屋は燻製のお肉みたいな美味しい匂いがします。上にぶら下がっているのが、燻製中のゴム。 下に白いままのが、これから燻製されるゴム。こちらのお部屋で2日~3日間燻されます。

Photo_8

shine出来上がり!

こちらが、できたゴムです。 

こうして各地へ運ばれて行きます。

そしてお勉強のあとは、、、、小洒落たレストランで休憩。

Photo_9

すっきりしたインテリアがとっても素敵。

オランダ建築を思わせる、洒落た雰囲気のレストランrestaurantです。

アンティークのシャンデリアshineもナイスでした。

こちらは、ジョグジャ市内から2時間半ぐらい。 

Salatiga(サラティガ)という場所にあります。

Tlogo Agro(トゥロゴ・アグロ)cafeコーヒープランテーションというところです。

6月~9月のコーヒーの収穫の時期にはコーヒー工場見学eyeもできます!

残念ながら、今の時期はゴム工場見学のみでした。 でも大満足happy01

コーヒー収穫時期目指して、是非行ってみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Belajar/看板からお勉強

現地では、どこでもインドネシア語の勉強bookができます。

街をeyeキョロキョロeyeするのが大好きなWb-Jepangは、道端でお勉強!

Photo

TERIMA KOST PUTRI

Terima(テゥリマ) Terima kasih(テゥリマ・カシー)「ありがとう」で聞いたことある単語かも? 

Terima(テゥリマ)は「受ける」という意味です。

ちなみに、Terima Kasih は 直訳すると、「受ける」「慈悲/慈愛」 となり、「ありがとう」という意味なんですねぇ。

Kost(コス) 下宿

Putri(プトリ) お姫様、お嬢様

さて、この看板は 「女の子の下宿受け入れます」

という看板でした。 男の子の下宿は KOST PUTRA (コス・プトラ) といいます。

Putra(プトラ) 王子様、男の子 

王子様とはかけ離れた感じの男子が住んでいても、Kost Putra というんですよsmile

インドネシアでの軽い世間話で、「お嬢さん/息子さんは何人いらっしゃいますか?」 というような会話でもPutri/Putraの単語を使います。

子供という意味 Anak(アナック)という単語がありますが、あえて、初対面の方との会話で、「お子さん何人?いらっしゃいますか?」「お嬢さん?男の子?」って言う具合のときに

Putri(プトリ)/Putra(プトラ)の単語を使います。

本当に王様のご子息やご令嬢って訳ではないのですが、そのお家にとっては、お子さんはお姫様であり、王子様なんですよね。

なんてことは無い看板からも、インドネシアの社会が垣間見れたりするわけなんです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Busana aneh.../ファッション?!

ジョグジャのショッピングモールにて。

インドネシアは日本好き。

日本のモノなら価値が高いのです。

でも、今回見つけたこのTーシャツ、、、

みなさんはどう思われますか????

T happy02 HARAJUKU 原宿 って思いっきり書いてあります。

原宿 LOVERS ですって。

欲しい方、実物を見てみたい方は、プラザ・アンバルクモ内のカルフール1階に売っています。 誰が買うの??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

info baru/ウィスマ・バハサからのお知らせ~

みなさま。 

この度、ウィスマバハサは学生さん限定で

お得moneybagで素敵なshineパッケージツアーをご用意しました。

題して「foot冒険型スタディーツアーpencil

このブログでもご紹介した、洞窟探検も含まれています!!

7日間のパックで、ご希望の方には延長も可能。

今回のこの企画は、ガイドブック、地球の歩き方には載っていない、マニアックなジョグジャを堪能できます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ワードファイル

http://www.wisma-bahasa.or.id/jpn/download/paket_tour.doc

PDFファイル

http://www.wisma-bahasa.or.id/jpn/download/paket_tour.pdf

宿泊先もご希望とご予算に合わせて、ホームステイ/ホテル滞在と選択可能。

一度ご検討下さい。

お問い合わせは、もちろん日本語で

wisma-jepang@wisma-bahasa.or.id

みなさまのご参加おまちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Si bebek/アヒルんーるん♪

あひるン・ルンに出会いました。 

先日、車でお出かけをしていると、、、サイドミラーに何かの大群がeye見えます。

わーーーーっ!!

Ahirunrun 分かりますか? この茶色い集団?!

グワッ‐グワッ‐グワッ って言ってます!!

Ahirunrun2Ahihiunrun3 この子達の監督(隊長)はおじさん@裸足です。

おじさんは、棒を持っていて、彼らを操ります。

おじさんが棒を横に持つと、ちゃーんとStopするのです。

教育が行き届いております。 ちょうどお散歩からの帰り道のようでした。

ジョグジャの田舎道では、車、バイク、馬車、人間、自転車、だけではなく アヒルさんの大群にも出会えます。 みんなで共存している感がなんとものどかでいいですね。 

もちろん、アヒルさんの集団に会ったら、車もバイクも道を譲ります。 ジョグジャの人って優しいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

buah-buahan/フルーツ狩りその2

前回フルーツ狩り(ご近所)をご紹介しました。

ウィスマバハサでも、なんとフルーツ狩りができます。

ランブータンです。

Photo 甘酸っぱくて、美味しい~lovely

これは、ナイフを使わなくても、指でむけるから食べやすくていいです。

ウィスマバハサ1号館と3号館には、ランブータンの木があります。

食べ放題。 食べても食べてもまだあるんです。 ランチの後のデザートにいいですね。

生徒さん達、お持ち帰りも可能です。 お好きな方はどうぞ。。。

そして、Wb-jepangが下宿に帰ると、、、ご近所さんがやっぱり。

Photo_2 今日は、ランブータンの夢typhoonを見そう。。。

自分の家にフルーツの木cherryがあるって、豊かですねぇ。

デザートのフルーツを買うことないんです。 でもこれは、rain雨季のこの季節限定ですが。

美肌heart01効果に、フルーツを食べましょうhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rapat tahun baru/WB新年会議!!

Rapat_2010 先日、ウィスマバハサ・オールスタッフでの新年会議がありました。

本当にオールスタッフです。 先生やスタッフはもちろん運転手さん、学食のおばちゃん、庶務スタッフ。 みんなのチームワークが大事ですからね。

これからも生徒の皆さんに喜んでもらえる学校作りのための会議です。

2009年の反省と2010年への目標や計画などを話し合いました。

2008年度まで、ウィスマバハサで学習された日本の方々は全体の第三位でした。

ちなみに1位がオーストラリア、2位がアメリカ、3位が日本という順でした。

が、しかし、、、2009年度Jepang ジパングは4位になりました。昨年度の3位はドイツです。 私の個人的な意見としては、人数が多けりゃいいってもんでも。。。。(負け惜しみ?) Wb-Jepangが思うには、人数が増えるよりも、ジョグジャにいらした方一人一人の満足度が高い方が何より大切だと思っています。

OB&OGの皆様~そして、これからウィスマバハサでお勉強をご検討中の方々、

「こんなことがあったらいいな。」「こんなことして欲しいな。」の声にお応えできるように、ウィスマバハサはいつでもgoodスタンバイOKです!! コメントお待ちしておりますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wayang/ジョグジャ伝統文化のお勉強

先日Wb-Jepangとウィスマバハサの生徒さん達と夜の社会科見学をしてきました。

「夜の社会科見学」とは、いかがわしい大人の社会科見学ではありません。

ジョグジャカルタの伝統文化のお勉強です。 夜、と言えば、「ワヤン」 ジャワの影絵芝居です。 毎月、第二土曜日に王宮南広場で行われています。

Wayang

時間は夜9時~朝4時まで。。。 オールナイトということです。

ダラン(影絵を操る人)もガムラン演奏者も夜通しやるわけですから、すごいですねぇ。。。

Wayang4 ダラン(人形を操る人)が一人で何役も演じて、声色を変えながら人形を操ります。 そして、それを夜通しやります。 やっている間は、おトイレも行かないわけですから、、、もちろん眠たくなったりしないだろうし、、、

人間業とは思えないので、神憑りだとも言われています。

んーージャワの文化ってちょっとミステリアスで興味深い。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Queen of fruit/フルーツの女王

フルーツの王様といえば、ドリアンimpact。 これはご存知の方も多いかと思います。 でも、あの独特の匂いが苦手、、、という人も多いはず。

フルーツの女王はご存知でしょうか?

マンゴスチンです~♪

インドネシア語では 「 マンギス 」 といいます。

じゃーんMangis shine

Mangis2 Mangis3 ナイフなどを使わずに、手でぱかっと開けられます。

そして、中身は白い果肉。。。

甘くて、ちょっとすっぱくて、美味しいです。

日本にも輸入されたのがあった気がします。 でも、高かったような。。。

真っ白な果肉が美味しい時期のもの。 半透明になってしまうと、熟し過ぎdown。 それを過ぎると若干黄色っぽくなって腐る途中。 wobbly超苦い。。。 パカッと開けて、黄色かったら、スッパリ諦めて、思い切って捨てましょう! 想像を絶する苦さshockなんです。

雨季の今がマンゴスチンの食べごろです。 

美味しいフルーツheart01を食べて美肌を目指せscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kaos baru WB/リニューアルしました。

ウィスマバハサでお勉強された方には、最後に学校からのプレゼントがあります。

終了証とともに、ウィスマバハサ・オリジナルTシャツです。

2010年、そのT-シャツの柄が新しくなりましたshine

かわいいので、ご紹介します。

Kaos1

ジャワの影絵(ワヤン)を模った人。 

ピースしているのが、ちょっとお茶目です。

Kaos2_2 こちらも、ワヤンで出てくる定番。 グヌンガンと言われており、天と地、ジャワの宇宙観をあらわしているといわれています。

でも、これは そのアレンジバージョン。 

Kaos3

最後のこの柄は、天秤にたくさん人が乗っかっている。ちょっと面白いマンガのようなバージョンです。

みなさん、お勉強がおわったら、ウィスマバハサの思い出にこのT-シャツを日本で着てくださいね。 でも、何が手元に届くかは、お楽しみです。

選べませんよ。 どれをもらっても、ウィスマバハサの良い思いでになりますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

masakan Solo/お隣町、ソロですが。。。

ジョグジャの隣町、ソロという町があります。

ジョグジャを日本の都市に例えたら、「京都」 ソロは「奈良」と言われています。 早い話が、同じく古都です。

ソロの名物料理をご紹介します。

Nasi Liwet(ナシ・リウェッ)といいます。

Nasi_liwet Nasi_liwet2

これで、一人前です。

ご飯と、ジパンという瓜系の野菜、鶏肉の煮込み、ココナツミルクの濃いぃぃのが添えてあり、最後に赤い汁をかけていただきます。 色は赤いですが、さほど辛くありません。 ココナツのコクとお野菜の甘い煮込みで、こってり系ですが、ナカナカ美味しいです。

ジョグジャでも、ソロ料理レストランrestaurantで食べることができます。

本家のソロでは、市場で食べられます。 夕方になると、ナシ・リウェッの屋台がでます。

ソロへお出かけfootになったら、食べてみてください。 そして、ジョグジャでも、探して是非トライしてください。

おいしいですよ。lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bukit pasir/ジョグジャの砂丘

パラントゥリティス海岸の海岸線に砂丘があるとの話を聞き、行って来ました。

話を聞くと、状況的にアラブに似ていて、イスラム教徒の方々がメッカ巡礼をする練習場所になっているそうです。

んーーーconfident気になる。

砂丘があるのは、ジャワ島内では、ここだけ! とか、いろいろなスペシャルな感じがムンムンにするのです。

Dscn3260 Dscn3262

思っていたよりも、砂丘じゃなかったんです。

結構、緑(植物)が育っていて、、一面砂、砂、砂を想像していたので、思っていたのとちがーーうbearing

でも、ダンボールでおすべりしたら、ちょっと楽しそう。。Dscn3264 Dscn3265 どこかに落ちてないか、探しても見当たらず。 おすべり競争断念。

しかし、夕暮れ時はちょっとロマンチックかも?!

行く人は、一緒に行く人を選んで行きましょうhappy01

ジョグジャのマイナー観光地のご紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hormat!/敬服します。

現地には、SATE屋さん(サテ)とはインドネシア語で焼き鳥です。 鳥の場合もあるし、牛の場合もあるし、山羊の場合も、馬もありますが、全部SATE(サテ)と呼ばれています。

この食べ物は、夕方以降の食べ物です。 夕方5時頃になると、サテ屋さんがどこからともなく現われます。 住宅地を売り歩くパターンと、屋台を広げるタイプ、お店を持っている人とさまざまです。

今回出くわしたのは、住宅地を売り歩く、おばさん。

焼き鳥を焼く炭やら、焼く台やら、鶏肉やら、ソース一式を持って移動します。

夕方4時半に出会いました。

Sate すごいですね。 

このお母さんは、なんの支えもなく、頭にサテセット一式を乗っけているのです。 そして片手にはバケツ。

軽く3~4㌔ぐらいありそうなお道具と材料をホイッって頭にのせてさっそうと住宅街を歩くお母さん。 かっこいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Selamat Tahun Baru/謹賀新年

Selamat Tahun Baru 2010. (スラマッ・タフン・バルー) あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。 本年もウィスマバハサをよろしくおねがいいたします。

2009年ウィスマバハサでお勉強された皆様、ありがとうございます。

2010年もお越しを心よりお待ちしております。 今年おいでくださるご予定の皆様、お会いできる日をスタッフ一同、お待ちしております。

ジョグジャの年末年始は人、ヒト、ひとでいっぱい。 国内観光客に大人気のジョグジャは、繁華街は大渋滞!!! こんな日は、のんびり家の近所を散歩するに限ります。

そこで、、、、 Wb-jepangのしたことは。。。

フルーツ狩りwink ご近所の庭にて。

Pohon_mangga2 Pohon_mangga5

木によじ登って、マンゴー狩り。

木で熟したマンゴーは最高に美味しい。

しかも、無料。

Mangga_nanas2 分かりますか? 蜜がしみ出ているのが。。。

蜜りんごのように、ベタベタが出てきているのです。

たくさんとって、ご近所さんに配ります。

このマンゴーの種類は、「Mangga Nanas」(マンガ・ナナス)と言います。 日本名は「パイナップル・マンゴー」です。 甘くて、美味しかったです。

原始的なフルーツ狩りですが、新年早々元気になる活動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »